ボーイ・ベンチャー隊 AED講習会

救急法について学びました

3月26日(土) 午後からはボーイ隊、ベンチャー隊、カブ隊合同でAED講習会が行われました。

まずボーイ隊が竹とロープで担架を作り、ちゃんとビーバーのSちゃんを乗せて運ぶことができました。

ロープもない場合は、上着の袖を竹に通してボタンを留めただけでも担架代わりになることを、隊長から教えてもらいました。

それから人形を使って心臓マッサージの練習です。

マッサージをする速さは約100回/分だそうで、ベンチャーのTちゃんが教えてもらった話ではSMAPの「世界にひとつだけの花」の速さを目安にすると良いそうです。

ボーイ隊の子供でも心臓マッサージを続けることはとても大変で、だんだんとマッサージの力が弱くなったり、ひじが曲がったりしていました。

その後のAED講習では機械の指示するとおりにパッドを貼ったり、スイッチを入れたりするので、あまり個人の知識は必要ないように思われましたが、いざというときに落ち着いて使うことができるように何回でも練習をする必要があります。

実際に使う機会はないほうが良いのですが、もしそのような場面に遭遇したときには、自分ができることで人助けを行うことができるようにしたいものです。

「そなえよ、つねに」